映画ログ『神様はバリにいる』

2019/06/04

とても近い感覚でした。

総じて、良い映画でしたよ😊

感謝

私が生まれてきた経緯、環境、両親からの不器用でも温かい愛すべてに感謝です。

長野県飯田市の母と、福岡の父が、距離を隔てて名古屋で出会い、恋に落ち、結婚し、父が24才、母が21の時、私と妹が生まれました。

よくある話でしょ?

だけど、深く考えてみて?

親元から離れ、若くして子どもを育てるのに右も左もわからないし、助けてくれる人はいない。

仕事をしてまだ数年の働き盛りの父、人が好きな母でしたから、若いが故に毎日が必死だったと思います。

仕事を優先してでもなんとかして家計を支えねばと思うパパの足手まといにならぬよう、ママは孤独と不安で、似たような家庭は案外大変なんですよ😊

母は、私と妹をなにが正解なのかわからないなりに、必死で愛してくれたと感じています。

飯田の祖父母や叔父も、怒られたり、ケンカしたり、とても愛してくれました。

完璧な父と母ではなかったと思います。

でも、一生懸命私達姉妹に良いこと悪いこと、大切なことを教えてくれました。

それも子どもでも理解できる程、愛されて育ったんです。

そう。小学生の頃から愛されてるな〜恵まれてるな〜って、すでに感じていました😊

当然、失敗もありましたよ?

理不尽!って思う事や、うちのママは子どもか!?って思う事、おやつがなくて塩なめてたり(笑)

特殊ながら、人に言えないようなツラいこともありました。

でも、父母は一生懸命でした。両親だけでなく、祖父母や叔父も、たくさんの人に愛されて育ちました。

そして母と同じ、19才で私も主人に出会い、もうひとりの父母にも出会いました。

若かったわりに少し古い考えですが、私の思う結婚とはふたりの関係性ではなく、家に嫁ぐ。家に入るということです。

義父母やお祖母様(一番偉い笑)には、「なにも知りませんがこの家のルールから社会の常識まで、色々教えてください」と言い嫁ぎました。

でも、私は元々深く考える子だったので、お義母さんやお祖母様には私の中の倫理を優先させてくださり見守ってくださったことに感謝しかありません。

疑問があってもわかったふりをする必要もなく、納得できるまで聞けたこと。私でも役に立てる場を作ってくれたこと。厳しくも優しいすべてが、恵まれているな〜と感じました。

私にとって、成人の時に祝ってくれた義父母も大切な両親です。

ちなみに、初めの頃はお年玉くれました(笑)ビックリでしょ😂

20才で結納、21才で結婚し、21才の終わりに子どもが生まれ、気付きました。

「あ。この為に生まれてきたのかも。」

私は人生はRPGだと思ってます。ドラクエ5では、勇者だと思ってた息子が主役で、まさかのその勇者が死に、その子どもが勇者で本当の主役だったんですよ!

もう衝撃で…(笑)

まあ、良く笑われるんですけど、これ、なかなか深い話なんですよ。わからない人は一生わからないでしょうから、いいですけどw

私から見た両親は、私をこの世に生むために生まれてきたんです。これは娘の可愛いワガママですよ?笑笑

だから私の為に、両親にはいつも笑っててほしいし、幸せな人生を過ごして、少しでも長く私と一緒にいてね。病気で先が長くないのはわかっていたけど「私のために笑って生きて」って言っていました(娘はワガママ言っていいの笑)

こうやって、繋いでいくんだな〜って感じたとき、すごく壮大な物語を見た気がしました。

長い歴史の中で、父母や祖父母、曾宇父母やその先までずっと、その時代に翻弄されながらも護ってくれたからいまがあるんですよ。

夢でもロマンでも何でもない。自分の存在が証明している事実です。

そこに愛がなければ、いま存在していないということなのは、自分の存在で証明できるんです。

ね?色んな物事に、感謝しかないでしょう?

先祖が護ってきたものを大切にするのは、思いです。

ありがとうと言うとか、そんなの要らない。親は神様じゃないし、そんなの親は求めてない。

そうじゃなくて、先祖が大切にしていた自分を大切にしてほしい。そして、先祖が苦労して作り護ってきた土地は強い思いなの。先祖は人であり、親であり、歴史なんです。

親戚を大切にしましょーなんて、私は思ってないの。そうじゃない。

自分のルーツは、上にしかありませんからね。

私が大切に思うのは、ツラいときに支えてくれた

遠くの親戚より近くの他人。

実の親より育ての親。

兄弟姉妹は同士です。

親や祖父母を大切に思う気持ちでいられることそれ自体、それもまた恵まれた環境に感謝です😊

若く生んだが故にわからないことばかりだった私を支えてくれた地域の人に、なにを恩返しできるのか。やれることは多くはないでしょう?

どうしたら子どもにとっていいのかを教えてくれた園や学校の先生、私の面倒見てくれる10近く離れてるママ達に、なにを恩返しできるのか。やれることは多くはないでしょう?

教えてもらったり、感謝の気持ちを伝えるには、積極的に役員になりお手伝いしたり、場を盛り上げたり、役員選出会を楽しい会にしたり(笑)

地域の活動に積極的に参加したり、一緒に考えたり、見守ったり。

そう思えることが、また恵まれてると思う。巡り巡るものだから。

すべてに感謝です😊

でも、感謝やご縁って言葉はあまり好きじゃないの。

言葉にすると薄っぺらくなってしまう。

だから、行動で示さないといけないもの。

もう酸いも甘いも噛みしめた歳ですからね。

色んな行動ができます。

甘えてちゃ頼り甲斐ないじゃないか。

未来へ繋ぐいまを作っているのは私達世代です。

あーーー言いたいことはたくさんありすぎて大変!!!

本当に必要なもの

映画で思ったことは、これ、わかる人にしかわからないかもしれませんが

『人は、自分の善意が届かない時は、自分に対して疑問を感じ、大切なことを忘れます』

人の為に行動していると、自分の気持ちを汲んでくれない時に塞いでしまう。傷ついてしまうんです。

アニキが幼稚園を作るのはバリの人のため。なのに、バリの人はそれを理解してないのか動いてくれない。

これは本当に心がやられます。

信頼を無くすのは一瞬。築くのは苦労や時間がかかるものなんです。

そんな時に必要なのは、自分を取り戻す言葉を投げ返してくれる人です。

ショーコさん。投げ返してくれてたでしょ?

私もそういう存在、いてくれていますよ😊

1人だけでなく、2人、3人、4人、5人…結構多いでしょ♡

この人達がひとりでも欠けると、負担を掛けてしまう程、しょっちゅう凹みます(笑)

本当に、まだまだです😅

強くなりたいな〜とは思わないんですね。

なぜなら、これが私の良いところの裏側だから。

弱いから弱いものの気持ちが理解できるなら、弱くて良いです。

守ってくれる人がいてくれるから。

私は人に生かされてる。そう思うから😊

あと、きれい事じゃない!ってアニキも怒ってましたけど、本当にきれい事とかじゃないでふよ。なに逃げの口実にしてるんですか。現実が見えない自分と向き合いなさい。と、私は言いたい。

人生はRPG。単純ですよ。

疲れたら宿屋へ。武器がほしければ戦いましょう。時には逃げるのも作戦です。

そうやって一つずつ目の前の難題を解決させて、レベルを上げ、ラスボスを倒し、世界平和を目指しましょう!

いや、ほんと。

RPGの考え方って、深いんですけどね。想像力や応用力、分析力や論理思考が乏しいと理解できませんよ〜〜〜

アニキが理解してくれてるのがわかって良かった😂

Category - カテゴリー内 -

All Column Page - 全記事内 -

OLD
映画ログ『ハゲタカ』